委員会設立の主旨

 計測分析技術には、高度化する個別ニーズにいかにして迅速に応えるか、ビッグデータやAI技術の急速な進展をどう活用すべきかなど、喫緊の課題が多く存在しています。本委員会は、計測分析技術を提供する立場、利用する立場の関係者が一堂に会する場を設定し、「計測分析プラットフォーム」を議論することで、上記課題の解決に貢献することを目標にしています。

ーー

イベント紹介:

日本学術振興会 計測分析プラットフォーム第193委員会 第4回公開講演会の案内

申し込み先はこちらをクリックして下さい。

第4回公開講演会(PDFファイル)

⽇時:2022年9⽉7⽇(⽔)14:00-18:00
場所:幕張メッセ国際会議場国際会議室

14:00 はじめに -計測分析プラットフォーム構築に向けて
    ⼀村信吾 早稲⽥⼤学研究戦略センター
14:10 マテリアルDXの推進と計測分析プラットフォームへの期待
    永富隆清 旭化成基盤技術研究所
14:35 プロセスDXの推進と計測分析プラットフォームへの期待
    松原⼀郎 産業技術総合研究所中部センター
15:00 計測分析サービスのデータ活⽤と計測分析プラットフォームへの期待
    ⼭上達也 コベルコ科研技術本部計算科学センター
15:25 公設研究機関のデータ活⽤と計測分析プラットフォームへの期待
    ⿃⼭素弘 富⼭県産業技術研究開発センター
15:50 休憩
16:10 計測データ活⽤に向けた共通データフォーマットの標準化
    安永卓⽣ 九州⼯業⼤学
    重藤知夫 産業技術総合研究所計量標準総合センター
16:35 共通データフォーマットの複合解析への展開と普及に向けて
    井上信介 島津製作所/JAIMA標準化委員会共通データフォーマット及び
共通位置合わせ技術に関する分科会
17:00 試料位置合わせ技術の標準化-複合解析のための試料同⼀箇所分析に向けて
    保⽥芳輝 堀場製作所
17:25 パネル討論計測分析プラットフォームのこれから
    (司会) 藤本俊幸 産業技術総合研究所イノベーション推進本部
17:55 まとめ
    ⻄本尚弘 島津製作所基盤技術研究所

問い合わせ先/参加申込⽅法
⽇本学術振興会計測分析プラットフォーム第193委員会

申し込み先はこちらをクリックして下さい。

なお,本公開講演会を実施するにあたり,感染防止策チェックリストに従って実施しています。